「鞠智城みちる」のむしゃんよか
ブログ界の「三大テノール」・・・ “社会派”鞠智城みちるのblog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
柏崎刈羽原子力発電所事実上の安全宣言 (IAEAの評価結果)

平成19年 8月15日


 新潟県知事は,国際原子力機関(IAEA)による査察結果を受け,「柏崎刈羽原子力発電所の事実上の安全宣言として受け取った」と歓迎の意を表した。


・国際原子力機関(IAEA)は,現地調査結果について,
 「原発は安全に自動停止し,損傷は予想を下回り,重大な損傷はない」と結論。 
 「地震による柏崎刈羽原発の環境影響は基準値をはるかに下回り,
  住民の健康や環境に影響をあたえるものではない」とする日本の評価を支持した。
・新潟県は,宿泊客のキャンセルなど風評被害が相次いでいることを緩和することを期待している。


(空中に放出された放射能)
・人は自然の状態でも放射能を浴びている。これを基準に考えると,
 今回の柏崎刈羽原発が放出した放射線は,これの12億分の1
・人工的に放射線を受ける施設としてレントゲン撮影がある。
 これを基準に考えると,
 胸部レントゲン撮影の場合に比べ25万分の1 
となる。
   
放射能漏れはあってはならない。
しかし,設計値を超える未曾有の振動を受けたというだけで,
チェルノブイリやスリーマイル事故再来かのように伝えたマスコミの反応はいかがかと思う。
イタリアのサッカーチームが訪日を中止するなど影響は世界的なものとなった。
視聴者を不安に陥れるのも,安心させるのもマスコミの報道に左右される世の中だ。
マスコミは,安全を訴える電力側と,不安を訴える住民側の双方を中立的に伝え,
客観的な目で事実を報道してほしい。



・しかし,この事がマスコミで大きく報道されることはなかったように思う。
 地震発生当時,変圧器が燃えるシーンはショッキングであったが,
 変圧器が放射能とはまったく関係ないことは知識があれば判る。
 いたずらに危機感を募らせたマスコミは,責任を持って風評被害に対するフォローを行うべきではないか。

 

スポンサーサイト
【2007/08/15 22:41】 | ノンフィクションの30 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<スカートまくり,下着はぎとり犯を逮捕 | ホーム | JR7社を乗り継ぎ日本縦断>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
cm

今日の鞠智城は何位?

FC2ブログランキング

プロフィール

きくちじょうみちる

Author:きくちじょうみちる
ようこそココへクッククック♪

フリーエリア

カテゴリー

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。